リロケーションとは

リロケーション、と聞いても何のことか分からない場合があるかも知れません。
リロケーションとは、賃貸の物件に関する用語ですが、一般的な賃貸の貸主と借りる側とに従来とは異なった条件がつくようになります。

リロケーションの場合、貸す側が所有しそれまで住んでいた戸建てやマンションといった住宅を転勤などの理由で一定期間住まなくなった際に期限付きで、人に貸し、賃料を得ます。
借りる側は住む時点で家、またはマンションを返し、退去する期限を了承し、それに従います。

従来日本では、賃貸物件においても入居者がいる場合は正当な理由がない限り、入居者の権利が守られ、貸している側は退去を強制できませんでした。
しかし、平成4年8月1日に「借地借家法」が施行され、この「借地借家法」の「期限付借家権」が平成12年3月1日に改正されました。
改正された「定期借地権」により、貸主が例えば「三年後に返してほしい」という条件をつけて住んでいない間の自宅を人に貸せるようになりました。

そのことから、これまで自宅を空き家にせざるを得ない場合でも、住んでいない期間に期限付きという条件で家を貸し出し、期限後にまた戻って来て住むということが円滑に行えるようになりました。

リロケーションは、リロケーションサービスを行っている会社を介するケースが多いです。
選ぶリロケーションサービスの会社により、貸す際の条件も変わってくる場合があります。
大切な自宅を預けるという点でも、リロケーションサービスの会社の条件や、貸す際の条件をあらかじめ検討しておくことも必要となってきます。



▼注目サイト
今まで住んでいたマンションを一時的に貸すことができるリロケーション会社のサイトです … マンション 貸す